FC2ブログ
初心者の海外一人旅
海外の旅の記録。出発準備から現地生活等、表から裏までわかりやく語る。


プロフィール

抵抗勢力

Author:抵抗勢力
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旅立ちの準備 ビザ後編
 県庁の職員からワーキングホリデー協会なるものの、連絡先を聞いた私は早  
速電話を掛けてみることにした。電話の話では、とりあえずその人の家へ行き

詳しく話を聞かせてくれるというので行ってみることに。不安がなかったわけ  
ではない。相談料だとか、何かに入会しなきゃいけないなんて事になるんでは

ないだろうか、などと考えたりもしたが、県庁の職員が紹介してくれたわけだ

から、それらの不安な気持ちは幾分抑えられた。

 その人の家に行ってみると、60代後半と思われる女性が出てきて、あれこ  
れと説明してくれる。話しているうちに、不安な気持ちは消えていった。

ワーキングホリデービザには年齢制限があり、誰でも取得できるわけではない

らしい。28歳までの国と30歳までの国があるようで、オーストラリアは30歳

まで、ビザ取得ができる。ビザの申請方法は、インターネットでオーストラリ

ア大使館のホームページ上から、申請用紙をプリントアウトして記入し、郵送

で大使館に送る方法と、郵送で申請用紙を取り寄せて、必要事項を記入し、

再度郵送するという方法がある。こういった事柄が詳しく説明されている書籍

をワーキングホリデー協会で発行しているそうで、購入を進められたので

1500円と少し高いとは思ったが購入することにした。お礼を言い、その家を

後にした私は、早速申請用紙を手に入れることに。結局、パソコンを持って

いなかった私は知人に頼み、ネットからダウンロードしてもらうことにした。

 申請用紙は勿論、全て英語で記入しなければならない。が、私のような英語

が苦手な人間でも、辞書さえあれば簡単に記入することができた。

申請用紙の他に、健康診断書、残高証明書なるものが必要である。健康診断

書の説明は省くが、この残高証明書について説明する。

残高証明書とは金融機関が発行する、預金残高を証明するものだ。入手するの

はいたって簡単だ。ただ金融機関に行って発行してもらうだけで手数料は掛か

らない。ワーキングホリデービザを取得する場合は、この残高証明書が必要

になるが、各国によって必要金額は異なる。オーストラリアの場合で確か

50万~60万円ほどだったと記憶している。

 申請書に必要事項を記入して、必要書類をそろえたら郵送すればいいのだが

パスポートを一緒に送らなくてはならない事に気が付いた。パスポートはまだ

出来上がらないので、少し待たざるを得ない。まったく私は、何の下準備も

していなかったのだと痛感させられる。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

なるほど~。じゃぁコレはどうですか?
http://www.dvd-synergy.com/3162

【2006/09/06 05:21】 URL | ゆうな #YZdnnNwY [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。